イベントカレンダー

2018年12月
« 11月 1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

新着情報一覧

アートプロジェクト

高田洋一 ブログ

高田洋一 Takada Yoichi (市民P・継続展示)

高田洋一ポートレイト

1956年大阪生まれ。1979年大阪芸術大学美術学科卒業。1981年第15回現代日本美術展にて大賞、第6回ブルネル・アワードにて奨励賞などを受賞・1990年文化庁の芸術家在外研修員として、ベルリンへ留学する。和紙、竹、石を用い、僅かな空気の流れを捉える、繊細な作品の動きが早くから注目を浴び、国内外の美術館や画廊で展覧会多数。JR大阪駅、日本経済新聞社本社、横浜国際総合競技場、香港の「青衣駅」など大規模公共空間での作例も多数あり、「水と土の芸術祭2009」にも参加。兵庫県立近代美術館、埼玉県立近代美術館、富山県立近代美術館他にコレクション。2005~2010年には東京大学大学院総合文化研究科「科学技術インタープリター養成プログラム」特任教員を務める。
高田洋一作品
『「白い一日」で“いちごいちえ”』
(市民プロジェクト) [展示終了]

会場 にむらや寺尾店 店内
(西区寺尾西2-7-7)

展示期間
10月2日(火)~11月11日(日)
好評につき延長しました
10:00~16:00 (日・祝日17:00まで)
月曜

※展示会場に入れる人数に限りがありますので、お待ちいただく場合もあります。予約可能。
※作家によるギャラリートークは下記をご覧ください。

イベント

[作家によるギャラリートーク] 
10月2日(火)1回目11:00~12:00/2回目13:00~14:00
10月3日(水)14:00~1530 [白根大郷梨中村観光果樹園・中村芳雄氏とのトークセッション]
参加自由 受付当日
※各時間とも参加者多数の場合は、ご遠慮いただく場合があります。
※駐車場に限りがございます。公共交通機関のご利用をお願いいたします。
お問合せ: 新潟にむらや TEL 025-268-5858
チラシはこちら 表面 中面

[「水の声」を作家と共に体験するギャラリートーク] 
10月7日(日)1回目10:00~10:45/2回目11:00~11:45
参加自由 当日参加作品前で受付(各回15分前に受付開始)
※作品の大きさの関係で、一度に作品内に入っていただけるのは先着5名様のみです。
若干の定員オーバーは皆さまのご協力を得て、現場で調整させていただきます。
※駐車場に限りがございます。公共交通機関のご利用をお願いいたします。
お問合せ: 水と土の芸術祭推進課 担当:高野 TEL 025-226-2623
Email: k.takano13@city.niigata.lg.jp

会期中の活動
詳細はチラシをごらんください。

『「白い一日」で“いちごいちえ”』:人の気配や室内の微妙な空気の流れで天井が微かにゆれる、移動可能な和紙の部屋を設けます。照明光が天井穴を通り、木漏れ日のような模様を描き、天井とともに微かに動く。光を愛でながら静かに語り合える空間です。(市民プロジェクトとしての展示)

高田洋一2009年作品2009年 水と土の芸術祭
「水の声―Water Whisper」
(継続展示)

会場 新津美術館・前庭
(秋葉区蒲ケ沢109番地1)

観賞時間
7月14日(土)~未定
10:00?17:00(入館は16:30まで)
月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
無料

※作家と共に作品「水の声」を体験する
ギャラリートークを開催予定
10/7(日)10:00~10:45/11:00~11:45
※詳細はのちほど掲載します

「水の声―Water Whisper」:水の声―Water Whisper:銀閣寺の向月台にも似た土の部屋。天井に水を頂き、その水面越しに無数の窓から太陽光が差し込み、砂壁に光が戯れ、移ろいます。そして天蓋の水は中央の緑青柱を伝わって水琴窟に滴り、透明な「水の声」を奏でます。芝生の緑の中に設置された、表面を土で覆われた造形で、内部には数人入れるほどの空間があります。


西区

近くの作品

加藤立「WIND」(西区)

前山忠「日本海の視界」(西区)


より大きな地図で 水と土の芸術祭2012 作家作品展示場所 を表示

新潟駅からにむらや寺尾店:

バス+徒歩:
万代口バスターミナルより「西小針方面(新潟大学行き、新楽園病院行き、内野行き)で約40分、「寺尾新町東」下車 道路の向かい側。
地図はこちらも参照してください
電車+徒歩:
JR越後線「寺尾駅」下車、徒歩15分

新潟駅から新津美術館:
電車+徒歩:
信越本線「長岡方面」行き約20分「古津」下車。県道320号線を南東へ進むと左手に入口 約26分。
※無料駐車場あり
歩き方マップはこちらを参照してください

バリアフリー情報 「白い一日」で“いちごいちえ” にむらや寺尾店 店内

バス停からのアクセスバス停からの移動→新潟駅・古町方面からの場合、道路を渡るので注意が必要

駐車場あり駐車場→数台分の駐車場。段差2段あり

男女別トイレありトイレ→男女別トイレあり

休憩所あり休憩所→「にむらや」に喫茶室あり(有料)

階段あり、アクセスが難しい作品内の移動→体験するには段差あり

5感でたのしむポイント五感で楽しむポイント→目で見て楽しむ

バリアフリー情報 「水の声―Water Whisper」新津美術館・前庭

思いやり駐車場駐車場→美術館に隣接して駐車場があり

男女別トイレありトイレ→駐車場内に男女別トイレ、多機能トイレあり

休憩所あり休憩所→美術館内にあり

授乳室あり授乳室→美術館内にあり。貸出ベビーカーあり

階段あり、アクセスが難しい作品への移動→作品は美術館の前庭の芝生上にあり、砂利が敷かれている。段差があり。
作品内の移動→出入口の幅は狭く一人がくぐって通れる程度。入口で水琴窟の音を楽しめる

貸出車椅子あり貸出用車いすあり。車椅子は作品内に入らない

貸出車椅子あり貸出用車いす(2台)あり

貸出ベビーカーあり貸出用ベビーカー(4台)あり

5感でたのしむポイント五感で楽しむポイント→目で見て楽しむ。水琴窟を聴く

2012年9月18日 高田洋一氏による2作品のギャラリートークを開催!
2012年10月01日 高田洋一さん ギャラリートーク「白い一日」と「水の声」

過去の作品

高田洋一作品
水の声?Water Whisper
新津美術館前庭(秋葉区)
Photo: 高田洋一

水と土の芸術祭2009

y[Wgbv
Copyright © 2012 ? All Rights Reserved.