HOME > アート作品

現在鑑賞できる作品

2009年のアート作品のうち、現在でも鑑賞できる作品をご紹介します。

栗ノ木排水機場は近代農業土木の原点となった。
Kurinoki drainage pumping station became a legendary symbol of Niigata modern agricultural civil engineering.
  • アーティスト磯辺行久 日本
    Yukihisa Isobe/Japan
  • 作品紹介かつて芦沼と呼ばれた地を排水し、農業基盤に変えていった旧排水機場の遺構の一部を掘り出す。
    Part of the remains of this old drainage pumping station have been excavated. Machines once labored endlessly here to turn these former wetlands into dry farmland.
  • 展示会場旧栗ノ木排水機場(東区南紫竹1)
栗ノ木排水機場は近代農業土木の原点となった。
おひるねハウス
The Nap House
  • アーティスト南川祐輝 日本
    Yuuki Minamikawa/Japan
  • 作品紹介9つの小室に分かれた最小限の建築。腰掛けたり、寝転んだり、自由なスタイルで風景と環境を楽しむ。
    A simple structure divided into 9 small rooms where you are free to take a rest, lie down, and enjoy your surroundings.
    「建築家フォーラムアワード」優秀賞
    愛知建築士会 「小さな建築」 最優秀賞受賞
  • 展示会場西海岸公園(中央区西船見町)
おひるねハウス
心園の渡り
eart Crossing
  • アーティスト管懐賓(グァン・ファイビン) 中国
    Guan Huai Bin/China
  • 作品紹介2 つの竜骨は大海に出向する舟のようでもあり、精神の表れでもある。新潟の人々と海との深い絆を反映。
    Two ship keels suggest ships about to embark upon an ocean voyage, in addition to a deeper spiritual meaning. They express the profound relationship between the people of Niigata
    and sea.
  • 展示会場関分記念公園(中央区関屋2-44)
心園の渡り
THE HEART OF TREES
  • アーティストジャウマ・プレンサ スペイン
    Jaume Plensa/Spain
  • 作品紹介木を抱える像は、アルファベットやキリル文字など、様々な文字で覆われている。木は像と共に育つ。
    These statues, cradling trees, are covered with various letters from the Roman alphabet, the Cyrillic alphabet and various other characters. As the trees grow, the statues will grow with them.
  • 展示会場信濃川やすらぎ堤(中央区昭和大橋付近)
THE HEART OF TREES
水の声-Water Whisper
  • アーティスト高田洋一 日本
    Yoichi Takada/Japan
  • 作品紹介芝生の緑の中に設置される、表面を土で覆われた造形。内部には2人入れるほどの空間がある。
    A dirt-covered structure installed on a green lawn.There is enough space inside for two people. 
  • 展示会場新津美術館・前庭(秋葉区蒲ヶ沢109-1)
水の声-Water Whisper
Untitled 09-01
  • アーティスト前田哲明 日本
    Noriaki Maeda/Japan
  • 作品紹介苔むした部分は荒れ果てた大地と可能性、金属球は大地の恵みと水、そして生命を象徴している。
    The moss portions symbolize possiblity and the vast, unforgiving wilderness. The metal spheres symbolize the gifts of earth, water and life.
  • 展示会場秋葉公園(秋葉区3-7403-13)
Untitled 09-01
海抜ゼロ
At Sea Level
  • アーティスト土屋公雄APT 田原唯之+木村恒介 日本
    Kimio Tsuchiya APT(=Art Project Team) Tadayuki Tahara+Kosuke Kimura/Japan
  • 作品紹介湿地の水の中に張り出した通路を通じて、その先端で海抜ゼロメートルの世界を再現し、体験する。
    Leading directly into the waters of the lagoon, this passage allows you to enter the marsh and experience the world at sea level.
  • 展示会場上堰潟公園(西蒲区松野尾地内)
海抜ゼロ
ヒエログリフ
The Hieroglyph
  • アーティスト浅葉克己 日本
    Katsumi Asaba/Japan
  • 作品紹介古代エジプトの王の名前や冥界の神の名前を御影石に刻んだ石碑。重量は1 本あたり1 トンもある。
    Granite monuments are set on the beach, inscribed with the names of Egyptian pharaohs and gods. Each piece weighs approximately half a metric ton.
  • 展示会場角田浜(西蒲区角田1069付近)
ヒエログリフ
’Fifteen Degrees South’ 〔Tears of my Father〕
  • アーティストクイビーン・オフラハラ アイルランド
    Caoimhghin O'Fraithile/ Ireland
  • 作品紹介山麓の沢から清新な湧き水が集まる里山の湿地に、市民、地域住民と協働で構築物を組み上げる。
    The structure, built at a marsh in a village below sea level, was constructed with support from local volunteers. Inspiration for the design comes from an old Japanese painting.
  • 展示会場西蒲区福井2908付近
    (作品展示終了。作品の一部が残っています。)
Caoimhghin.JPG
Shinohara’s House
  • アーティストアン・グラハム オーストラリア、イギリス
    Anne Graham/Australia,UK
  • 作品紹介廃村の歴史を引く茅葺き民家。この内部が、魚の泳ぐ水中のイメージに生まれ変わる。
    An abandoned thatched-roof house in an old village was redesigned and brought back to life for the art festival. The interior appears to be filled with water and swimming fish.
  • 展示会場篠原幸三郎家住宅(西蒲区五ケ浜)
    (作品展示終了。イベント時にのみ公開します。)
Shinohara’s House

 

このページのトップへ